過失認定

過失 とは

犯罪事実の容認がないまま、不注意によって一定の作為・不作為を行うこと。

不注意 とは

注意義務を怠ること。

注意義務 とは

結果予見可能性を前提にした結果予見義務と結果回避可能性を前提とした結果回避義務からなる。

実行行為 とは

特定の犯罪が成立するために法律が要求している行為。

過失行為とは

注意義務を怠って一定の作為・不作為を行うことをいい、かかる作為・不作為が「過失行為」(過失の実行行為)となる。

結果予見可能性を前提とした結果予見義務 とは

運転者は結果を予見する可能性があり、よって、交通事故が起きる結果を予見すべき義務が課せられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です